冷茶会 Tea Party in Kyoto

春の「魔法の食卓」展に続き、「晩夏の風鈴」展では

冷茶会を開催しました。

 

ギャラリー2階の展示スペースにて、京都で個展を開催した

理由や京都に興味を持ったきっかけ、展示テーマに

合わせてどのような画材を使用したのかなど、絵を

観ただけではなかなかわからない制作にまつわる話を、

作家本人よりさせていただきました。

 

冷たい日本茶と和菓子で休憩していただいた後冷茶会は

終了し、参加していただいた方々は再び各々で絵を鑑賞

されていました。

 

日程

 2014年 9月6日(土)・7日(日)  15:00~

 

メニュー

 冷茶(福寿園)

 八つ橋(おたべ社製こたべ)

 干菓子(俵屋吉富)

 

アジア・ヨーロッパスタッフ

 

 

HitomiCopan held Japanese-style tea party in the exhibition "The wind-bell in the end of summer".


She told the stories that we can not know easily by just seeing the pictures of creation,

for example, the reason this exhibition was held in Kyoto, the trigger she interested in Kyoto, and the art supplies that are used.


After the break with Japanese iced tea and sweets, the tea party was over and the participants were watching the pictures respectively again.

 

Date

 6th (Saturday) and 7th (Sunday) September, 2014

 

Menu

 Japanese iced tea (Fukujuen)

 Yatsuhashi (Otabe)

 dry confectionery (Tawaraya Yoshitomi)


Asia Europe staff